お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問合せ

03-5929-7577

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

入れ歯|方南町の歯医者、あるす歯科。丸の内線方南町駅一番出口徒歩3分

あるす歯科へのお問い合わせ:03-5929-7577
あるす歯科

入れ歯

入れ歯が必要とされるとき

何らかの理由で歯が失われたとき、その歯の代わりとなるものを用意することを「義歯治療」と呼びます。その義歯治療の中でも「入れ歯」は最もポピュラーな方法として古くから利用されてきています。

歯が数本ないしは部分的に失われた場合、全て失われた場合、その両方に対応できる汎用性がありますが、最大の特徴は取り外しができるという点でしょう。

歯が失われた状態を放置してはいけない理由

何らかの理由で歯が失われた状態を放置しているとどんな事態を招くのでしょうか?
「歯がなくなっても、歯がないままでそれ以外の問題は起こらないのではないか……?」
このように考える人がほとんどかもしれません。しかし歯が失われた状態をそのままにしておくことは口内の健康に対して大きなマイナスをもたらすリスクを孕んでいます。

歯が失われた状態が続くと、以下のようなことが起こると言われています。

周囲の歯が移動する

歯はそれぞれが独立して生えているように見えますが、実はお互いに支え合うようにして生えています。そのため一本が失われるとその周囲の歯は支えをなくし、徐々に傾いたり、移動したりしてしまいます。また上下で噛み合っていた相手の歯が、噛み合う歯を求めて伸び始めることもあります。

噛み合わせが乱れてくる

周囲の歯が傾いたり、移動したりすると、全体の噛み合わせが徐々に乱れてきます。

歯の状態が悪くなる

歯が失われた状態では食べ物をうまく噛むことができず、歯が揃っている方でばかり噛むようになってきます。そうすると片方の歯にばかり負担がかかるようになり、ダメージが蓄積されていきます。ダメージを負った歯はむし歯や歯周病になりやすくなります。

見た目が悪くなる

歯が失われている状態そのままでも周囲に与える影響はだいぶ変わってしまいますが、周囲の歯が傾いたり移動したりすると、全体的なバランスも悪化してしまいます。また奥歯は多くの力を引き受ける役割をしていますが、それが失われることで前歯の方に圧力がかかるようになります。それによって出っ歯になったり、隙っ歯になったりすることがあります。

この症状はフレアーアウトと呼ばれています。また片方の歯でばかり噛んでいると、使っていない方の筋肉が弱まり、皺やほうれい線が目立つようになってきます。

顎関節症になる

片方の歯で噛む癖がついたり、噛み合わせが悪くなったりすることで、顎関節症が引き起こります。顎関節症になると顎周辺の筋肉に痛みが出たり、口を開けるのがつらくなったりと日常生活にも支障をきたします。

身体中に痛みが出始める

噛み合わせの問題は口周辺だけに留まりません。顎の筋肉は首を通って身体中の筋肉とつながっているため、肩凝りや手足の痺れなど、いずれは身体全体に痛みが出るようになってきます。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット、デメリットは一般的に以下のものがあるといわれています。

メリット 保険診療なら治療費を抑えることができる
周囲の歯を削ることなく入れられる
歯が一本なくなった場合から全部なくなった場合まで、どのような状況にも対応できる
取り外し式なのでメンテナンスが容易
治療期間が短い
修理、修正ができる
デメリット 慣れるまで違和感を覚えることがある
固定力が弱く、外れることがある
入れ歯と歯茎の間に隙間が生まれ、そこに食べカスが残りやすい
金具式のものは光沢が目立ってしまう
食べ物の温度や味が伝わりにくくなり、食事が楽しめなくなる
天然歯に比べると噛み心地が劣って感じられる

義歯選びは何を基準にすればいい?

入れ歯、ブリッジ、インプラント。それぞれに特徴やメリット・注意点があり、初めて義歯治療を受けようという人はどれを選べばいいか迷うことでしょう。以下に示すのはあくまで参考ですが、義歯選びにおける基準となります。

  • 治療費を抑えたい人 → 保険診療で受けられる「入れ歯」または「ブリッジ」
  • 使用感の良さを求める人 → 固定力の強い「ブリッジ」か「インプラント」
  • 介護状態であるなど自身で手入れをするのが難しい人 → 取り外しができる「入れ歯」
  • 他の健康な歯を削りたくない人 →他の歯を削る必要のない「入れ歯」か「インプラント」
  • 外科的な手術を避けたい人 →手術を必要としない「入れ歯」か「ブリッジ」
  • なるべく時間をかけずに義歯を入れたい人 → 治療期間が比較的短い「入れ歯」か「ブリッジ」

繰り返しとなりますが、以上はあくまで基準です。患者様ひとりひとりが歯や口内の様子はもちろんライフスタイルや治療にかけられる費用や時間は異なります。義歯をつくる際には医師とよく相談し、総合的に判断して最も良い選択肢を選ぶようにしましょう。

入れ歯には合う、合わないがある?

その人にぴったりと合った入れ歯は使用感が良く、日常生活を快適に過ごせるようになります。しかし合っていない入れ歯だと噛む力が弱くて食事に不自由したり、発音が不明瞭になったりと日々の暮らしを不便にさせてしまいます。

入れ歯が合わない原因としては以下の要因が考えられます。

まだ慣れていない

オーダーメイドでつくった入れ歯でも、入れ歯自体に慣れていなければ誰でも違和感を覚えるものです。話しづらい、食べ物を噛みにくい、えづいてしまう(吐き気が起こる)……こういった症状が出ることがあります。痛みが出るならば対処が必要ですが、痛みがないのならしばらく経つうちに慣れてきてそういった違和感は治まるはすです。

調整不足

左右で高さが合わない、強く触れるところがあって違和感を覚える、縁が食い込んで痛い、というような場合は入れ歯自体の調整不足の可能性があります。入れ歯をつくるとき、最後に実際に装着してみて違和感がないかどうか確認をされるはずです。このとき本当は違和感があるのにそれを伝えずにいると後々の手間を増やしてしまうので、感じたことは率直に伝えるようにしましょう。

年月の経過

人間の口内環境は年月の経過によって変化していきます。また入れ歯自体も使用することですり減るなど変形することがあります。そのため製作時にはぴったりだった入れ歯もどうしても徐々に合わなくなってきます。

合わない状態のまま使い続けることは口内だけではなく身体全体の健康を損なうおそれがあります。すぐに医師に相談しましょう。

入れ歯治療で気を付けるべきこと

義歯治療における入れ歯の最大の特徴は取り外しが自由にできるという点にあります。それは掃除・メンテナンスがしやすいという点ではメリットですが、注意しなければいけない面もあります。

例えば入れ歯が合わなくなってきたので使うのをやめ、その状態を放置していると歯が動き始めて口内のバランスが乱れてしまうこともあるのです。そのため使っている入れ歯の調子が悪くなってきたらそのままにせず、なるべく早く歯科医院を訪れて相談するようにしましょう。

きちんとしたメンテナンスをしないと周囲の歯茎が歯周病にかかり、インプラントを支える土台自体が抜けおちてしまうこともあるのです。もしも元々の歯を失った理由がむし歯や歯周病なら、その人はそれらになりやすい生活習慣を持っていると言えます。そこから改善しないことにはせっかくインプラントにしたのにまた歯(人工歯)を失う……という事態に陥りかねません。

またインプラントは原則的に自由診療――全額自己負担での治療となります。費用に関しては医師とよく相談してから治療を受けるようにしてください。

当院ではインプラントについて確かな実績があり、経験豊富な医師が治療を担当します。興味のある方、歯を失ってしまったという方は一度ご連絡ください。

ご予約・お問合せはこちらから

あるす歯科

ご予約・お問合せ03-5929-7577

〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内1-6-3 マンション方南町二葉1F

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

※日曜日は14:00まで

PAGE TOP